6月7日の金曜日はF.F.T.のハワイアン・ミュージック!

F.F.T. [Food For Telecaster]

自身のソロと並行して、dubdub on-seng, Based On Kyoto, プラマイゼロ, だててんりゅう, deadmarronicsなどでも活動するスーパーギタリストMarronと尼崎が産んだスペースブギーバンドAQATUKIのTaakiの2人が名器テレキャスターを奏でるギターDUO。 Taakiのハワイアンをベースに、Marronの弾き出す唯一無二の多幸感がミックスされた、極上な大人のチルアウト× トロピカルミュージック。2018年より始動。

6月にもなればもう半袖半ズボンの夏ですね笑。夙川からもドボンと水に飛び込む子供らの歓声がこだましてきております。
さて、夏といえばトロピカル。トロピカルミュージックの代表格といえば、
みんな大好きハワイアン!
みどり色の看板と窓辺のお花が目印の阪急甲陽線苦楽園口駅前のアイリッシュパブTheWEXでは毎週金曜日に様々なジャンルのミュージシャンを招いてライブ音楽を楽しんでいただいておりますが、夏が大好きでトロピカル・ミュージックも大好きな私オーナーMasajiがかねてからずっと探していたのがハワイアン音楽の演奏家。
というのもTheWEXのお客さん含め苦楽園芦屋周辺にはハワイが好き、または実際にしょっちゅう訪れる、という人が思いのほか多数いらっしゃるのは実感としてありまして、フラダンスを楽しまれる女性もこれはもうたくさんいらっしゃいます。しかし実際日本でハワイアン音楽が流行っていた頃の世代というのはこれはもう現在80歳を超える方々?でありまして、確かにその世代の方々はハワイアン・ミュージックを演奏される方がちらほらいらっしゃったのですが…。                     
そんなところに意外な伏兵、全くジャンルは違いますが、かねてからサイケデリック・ミュージックや野外フェスティバルの好きな周辺の友人の間で話題になっていた尼崎出身の人気グループAQATUKIのTaakiくんが、なんと!ハワイアンを演奏するユニットとしての活動を始めたことを知り、早速コンタクト。尼崎は西宮の隣ですから、阪神間のよしみで笑。
そして今年の2月にはTheWEXで初めてのライブを披露していただきました。これがまた思いのほかガチのハワイアンミュージックでびっくり!ハワイのトラディショナルな曲を朗々と歌い上げるTaakiくんの歌声もなかなか本格的で大変感激したものです。
F.F.T.は今回TheWEXへの出演は2回目となります。
AQATUKIはダンスミュージックの分野で現在大変人気があり、つい最近もヴェトナムへツアー演奏に行くなど活発に活動を続けるブレイク間違いなしの要チェックのグループですよ。最新アルバムも好評発売中!                 
                                                                                                                                     今回のライブは、これまたスーパーなギタリスト、Marronとのテレキャスター愛に溢れたユニットF.F.T.
Taakiのハワイアンをベースに、Marronの弾き出す唯一無二の多幸感がミックスされた、極上な大人のチルアウト× トロピカルミュージック
をどうぞお楽しみください。
演奏は8時頃から10時まで。ミュージックチャージはいただきません。どなた様もお気軽に、苦楽園口駅前のアイリッシュパブTheWEXまでお越しください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Offer WEX 

お問合せはこちら